【保存版】35mmのおすすめオールドレンズランキング

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは、どうも筆者です。

 

オールドレンズの中でもかなり万能と言われる35mmのオールドレンズ群。

 

フルサイズに装着しても、広角よりの万能レンズになりますし、APS-Cで使うと50mmの標準単焦点レンズに早変わり。とても扱いやすい画角のレンズであることは間違いないですね。

 

そんな35mmオールドレンズのおすすめ順でランキングにしてみましたので

気になるレンズがあったらぜひ手にとってみてください!

 

簡単にネットで購入する方法も記事にしているのでもしよかったら参考にしてみてくださいね!

オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

 

ではではいってみましょう。

 

第3位 Carl Zeiss Flektogon 35mm f2.4

 

 

天下のカールツァイスのオールドレンズ!

 

Flektogonは東ドイツのカール・ツァイス・イェナから生まれたレンズです。カールツァイスのレンズは第二次世界大戦でも、非常に優秀とされ、その技術力は大いに活用されました。

そして、技術力もそのままレンズに使用され、このレンズが生まれました。

 

同じ名前のレンズでも、このレンズは大きく分けて三世代に分かれており、それぞれF値や見た目が変わっています。

 

  • 1代目:フレクトゴン35mmF2.8(銀色)
  • 2代目:フレクトゴン35mmF2.8(ゼブラ色)
  • 3代目:フレクトゴン35mmF2.4(黒色)

 

となっています。三世代目では、マルチコート化され、優れた逆光耐性をもっていることが特徴。

 

以下レンズのスペックです。

 

Carl Zeiss Flektogon 35mm f2.4スペック

 

非常にコンパクトなレンズで、取扱やすさは抜群ですね。

また、M42マウントなので、1つアダプターを買うだけで様々なM42オールドレンズを楽しむことができます。

私はson a7を使用するので、M42→Eマウントに変換して使用します。

 

写りはカールツァイスならではの「カリカリ」ではなく、どこか優しい写りをするのが特徴です。

そして、三代目のこのレンズは、コントラストが非常に高いのも特徴の一つとされます。

暖かく、深みのある写真が撮れますね。

 

 

 

第2位 Ai-s Nikkor 35mm f1.4

 

 

このレンズはNikonが同じように発売されていた非Aiレンズの後期に登場したものになります。

 

しかし、非Aiレンズは入手難易度が非常が高いことに加え、レンズ自体のコーティングが古いものなので、Ai-sと比べると少し劣ったものになります

 

その点なども踏まえて、Ai-s Nikkor 35mm f1.4の方がおすすめです。

 

以下スペックになります。

 

Ai-s Nikkor 35mm f1.4スペック

 

特徴的なのは、明るさf1.4から生み出される圧倒的なボケ感です。

 

オールドレンズならではの滲むようなボケ感があることもさながら、この時期にレンズには珍しくボケがレモンボケではなく、キレイな玉ボケです。

 

これによって、現代のデジタルレンズと同じように鮮やかなボケを生み出してくれます。

 

さらに、ニコンの特徴的な部分だと思いますが、コントラストがそこまで強くないものの、被写体の輪郭がくっきりと浮かび上がります。f4ほどまで絞るとカリカリな写真が撮れます。

 

そして、マウントはニコンのFマウント。ニコンは現代のデジタルカメラでも変わらず、ずっとニコンFマウントを使用しています。

つまり、戦後に発売されたレンズであっても、ニコンのデジタルカメラに装着することが可能

もし、ニコンのカメラをお持ちの方は、アダプターなしで簡単に装着できるのでおすすめです

※事前に装着できることを確認してから購入しましょう

 

第1位 Contax Carl Zeiss Distagon t* 35mm f2.8

 

 

 

こちらは日本のヤシカとカールツァイスが共同で生み出した伝説のレンズ(筆者自称)

 

コンタックスにはt*コーティングというものがなされているレンズ。

 

この独特のコーティングによって、美しい写りが生み出されます。

 

結像面はカリッカリ、背景はトロントロン。開放での撮影が楽しくなる一本です。

 

以下スペックです。

 

 

コンタックスはその写りもさながら、見た目自体が非常にかっこいい。

 

画像自体はは、50mm f1.4ですが、コンタックス製品はみな同じような見た目をしています。

(一部除く)

 

私の場合sonya7なので、このような見た目になっていますが、以前キャノンの一眼レフにつけていたときも非常にかっこ良いです。アダプターはこちら

 

 

 

むしろ、一眼レフだと安定感も増します。

 

レンズ自体が非常にコンパクトで、カメラと合わせると非常にスタイリッシュです。

 

 

 

35mmのレンズはもう少しサイズが小さいので、ミラーレス一眼と抜群に相性が良いです。

35mmのオールドレンズは汎用性が高いですが、85mmのレンズもクセがあって非常に楽しいですよ。

85mmオールドレンズおすすめランキング!プロ厳選の5本をご紹介!

この他にもコンタックス愛があふれる私の厳選コンタックスレンズをご紹介しているのでぜひこちらもご覧になってください!

プロが厳選して紹介!コンタックスのおすすめレンズまとめ!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか!

 

今回は、35mmのオールドレンズをランキング形式でご紹介しました。

 

簡単にネットで購入する方法も記事にしているのでもしよかったら参考にしてみてくださいね!

オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

 

ご参考になれば幸いです。

 

もし、このレンズも良いよ!というものがございましたらぜひぜひご連絡ください。

ではでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です