85mmオールドレンズおすすめランキング!プロ厳選の5本をご紹介!

 

 



 

今回はオールドレンズ3年のプロカメラマンの私のお墨付けでおすすめな85mmオールドレンズを5本ご紹介します!

 

「なぜ85mmなんですか?」ですって。

 

それは、私がとっても好きだから!!(笑)

 

ポートレートだけと思われる85mmですが、その他にもスナップ、風景にぜひおすすめしたい。

 

今回はそんな愛してやまない85mmの世界をご紹介します・・・!

 




85mmオールドレンズランキング!

 

第五位 OM Zuiko Auto-T 85mm F2

 

Sunrise Camera

 

実物の写真を撮りそこねていたので、Sunrise Cameraさんから画像をお借りしましたw

 

オリンパスは日本製のレンズでも、有名ですよね!現在ではマイクロフォーサーズに力を入れていましたが、当時はキャノン、ニコンと並びフルサイズのフィルムカメラで素敵なレンズを量産!

 

こちらのレンズの良い所、というかオリンパスの良いところでもあるんですが、開放はものすごく柔らかく、かなりレトロな写真という表現が合うような写真を撮ることができます。

 

そして、絞りを絞れば絞るほど、写りが少しダーキーな感じで写るんですね

 

なので、この2つの使い方をこなせると、相当かっこよい写真が撮れます!

 

なおかつ、オールドレンズの中では結像面が非常にカリカリ。

 

さすが日本製というところではありますが、最高に良い写りをしてくれます!

 

第四位 Jupiter9 85mm F2

 

 

こちらのレンズはZeiss Sonarをコピーしたレンズですが、レンズが生産されたのはロシアです!

 

天下のZeissをコピーしただけはあって、写りは天下一品!しかしながら、ロシアで量産されたので比較的価格は安く、手に入りやすいということで、オールドレンズ初心者にはぜひともおすすめしたい一本ですね。

 

私が個人的におすすめしたのは、「Zeissよりだけど、ロシアンレンズがもつ独特のボケ感」です!

 

Zeissのボケといえばトロントロンなボケですが、ロシアンレンズはそれに加えて滲むような味がでるんですね。

 

それがまたこのレンズでしか味わえないような独特のものでして、捕っていて非常に気持ち良い!!

 

結像面はZeissに比べると、見劣りする感じはしますが、線が太くくっきりとしています。

 

残念なポイントを述べるとすると、少々フレアが激しく出てしまうところですね。。。

 

あんまりに激しすぎると、しっかりと取りたい的にもフレアが邪魔してなかなか思うように撮影ができません。

 

ここがカールツアイスのレンズとは大きく違う部分ですかね。やはりコピーですので、光学性能にはどうしても差が出てきてしまいます。

 

とはいえ、フレアも取り込んだ写真もオールドレンズならでは。

>>>【初心者向け】おすすめオールドレンズを使って簡単にフレアが撮影できちゃう方法

 

上手く活用できると最高のポートレートも撮れるので、ぜひぜひチャレンジしてみてください!

 

※オールドレンズ※ JUPITER-9 85mm/f2 ブラック M42マウント オーバーホール済み

 

第三位  Nikkor-H 85mm f1.8

 

引用:http://nikonosf.hatenablog.com/entry/2016/11/23/%E3%81%A1%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%AA%E9%8A%98%E7%8E%89_Nikkor-H_85mm

 

こちらは日本カメラの2台巨塔のうちのひとつニコンさんのレンズです!

 

端的にこのレンズの特徴を説明すると「かなり平均的に良い写りをするレンズ

 

「平均的」という表現は、このレンズがクセの少ないレンズであることを意味しており、何も特徴がないから平均的という言葉を使ったわけではありませんのでご了承ください(笑)

 

本当にこのレンズは優秀で、絞りを開放で撮影したとしても、結像面が非常にクリア・かつシャープに写し出すことができますし、背景のボケ具合もトロントロンとまでは行かず、背景の物の線を残したままの写りをします。

 

オールドレンズというのは、そもそもクセ玉揃いですから(またそこが良いところでもあるんですが)、このようにどんな場面でとってもキレイというレンズはなかなかに珍しいんですね

 

こういった理由から、ランキングでは3位に位置づけています。

 

ただ、少し値段が高めなこと、玉数があまり多くないことから、入手何度は高いと思われます。。。

 

その部分がネックですが、それ以外はおすすめできるポイントしかありません!

 

ぜひ見つけた際には手にとって見て、実際に写真を撮ってみてください。これまでニッコールを手にしたことない人は新しい世界が開けるかもしれませんよ?



第二位 Helios 40-2 85m f1.5

 

 

このレンズは、オールドレンズ界の中でも有名な「ぐるぐるボケ」レンズ!

 

このレンズの特徴として「ぐるぐるボケ」が挙げられるのですが、僕は実際に使ってみてそれ以上の価値があると判断

 

というのも、ぐるぐるボケを生み出すには、ちょっとしてテクニックや背景を選ぶ必要があります。ぐるぐるボケのためだけに毎回そんなことをしていては、そのうち飽きちゃいます(笑)

 

安心してください。このレンズはソレだけじゃありませんよ。

 

私がおすすめしたいポイントは被写体がと~っても柔らかく写ること。なぜ柔らかく写るのかといいますと、このレンズでは被写体の線が非常に細く浮き出るんですね。

加えて、結像面はハッキリいってCarl Zeissほどクリアではありません。さらにさらに、Helios独特の柔らかいボケも追加。

 

これら全てを組み合わせると、他のレンズでは生み出せないような「柔らかくも味があり、なおかつ美しい」写真を撮ることができます。

 

この性能に関しては私以外のプロカメラマンも絶賛しており、ポートレートで有名なイルコさんも動画にしています。

 

この動画を見るとついつい欲しくなってしまいますので、注意が必要ですよ、覚悟してみてくださいね(笑)

 

 

Russian Soviet Helios-40-2 85mm f/1.5 Best portrait manual lens for Nikon SLR/DSLR Camera. NEW! [並行輸入品]

 

第一位 Contax Carl Zeiss Planar t* 85mm f1.4

 

 

そして、堂々の第一位を獲得したのは、こちら、Contax Carl Zeiss Planar t* 85mm f1.4。

 

きましたよ。私の愛してやまないこのレンズが。

 

3年以上使い続けて、未だに現役のこのオールドレンズ。(仕事にも使っています)

 

まずは特徴が以下の通り!

 

  • 結像面が最高にカリカリ
  • 背景が溶けているかのようにトロントロン
  • 雰囲気が落ちついている写真が簡単に撮れる

 

結像面が最高にカリカリ

 

これはカールツァイスのレンズ全般に言えることかもしれませんが、結像面のカリカリ具合がこれまでに紹介したオールドレンズとは段違いです。

 

コンタックス画像

 

見事なまでのカリカリ具合・・・美しい・・・。

 

コンタックス、及びカールツァイスの強みの一つですよね。巷では、最終的にこのオールドレンズにたどり着くともいわれているくらいに、写りが最高のオールドレンズなのです。

 

私は等倍にして写真のカリカリ具合を楽しむと言ったことはあまりしないのですが、このレンズだけはつかっていると等倍にしたくなるくらいカリカリで楽しいです!

 

背景がトロントロン

 

トロントロン具合は他のオールドレンズと同様な溶け方をする、と思いければ、コンタックスのオールドレンズは違いません。

 

他のオールドレンズのボケ具合を「ぼかしている」と表現するならば、このレンズの場合は「線が溶けている」という表現が正しいのではないでしょうか。

 

このボケ具合はコンタックスだけなのでは・・・?などと思っていいて、未だに使い続けています♪

 

雰囲気が落ちついている写真が簡単に撮れる

 

実は他のコンタックスのオールドレンズレビューではあまり触れられていないのですが、コンタックスの写し出す写真はすごくダーキーな感じがします!

 

よくオールドレンズは、「レトロ」「温かい」といった言葉がよく使われますが、コンタックスに関してはどのオールドレンズとも大きく変わった印象を受けます。

 

レンズによって、写真の雰囲気が変わることはよく言及されていますが、オールドレンズに関してはデジタルのレンズに比べるともっと大きく個体差があります!

 

「なーんだ、オールドレンズはどれも同じような雰囲気だな」

 

と思っている方がいるのならば、ぜひContax Carl Zeiss Planar t* 85mm f1.4を使ってみてください!新たな世界が開けるかもしれませんよ??

 

ちなみに、ポートレートとして非常に優秀ですので、参考写真などはこちらからご確認ください♪

>>>【ポートレート最強オールドレンズ】コンタックス カールツァイスプラナー 85mm f1.4レビュー

 

まとめ

 

様々な85mmオールドレンズ、どれも個性があってすばらしい!

 

今回は私の主観もりもりでランキング形式のご紹介でしたが、様々な特徴をもっているオールドレンズでは、使う人によってどのレンズが一番になるのかというのは変わってくると思います。

 

ですので、一番はオールドレンズを持っている人から借りる、試しに一本買ってみるなどして、実際に撮ってみるのが一番ですね!

 

きっと最高のオールドレンズが見つかるはずです!

ネットで買うと比較的安く簡単に購入できるのでおすすめですよ!

>>>オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

 

また、85mmオールドレンズの他に、35mmのオールドレンズもランキング形式でご紹介していますので、広角のオールドレンズに興味がある方はこちらもチェックしてみてください♪

>>>【保存版】35mmのおすすめオールドレンズランキング

 

ではでは、皆様に素敵なオールドレンズライフが訪れることを祈っております!







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です