プロが厳選して紹介!コンタックスのおすすめレンズまとめ!

 

コンタックスといえば、日本のヤシカカールツアイスと手を組んで生まれたブランド。

 

今回は、私が5年間コンタックスのオールドレンズを使用してきた中で、

 

最高におすすめできるコンタックスのレンズをまとめたのでご紹介したいと思います!

 

簡単にネットで購入する方法も記事にしているのでもしよかったら参考にしてみてくださいね!

オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

 

コンタックス カールツアイス プラナー 50mm/f1.4

 

 

オールドレンズ標準単焦点の中で最強とも謳われるレンズその写りは天下一品級です。

 

筆者も二年以上使い続けていますが、その写りはオールドレンズの中で比べても

かなり繊細な写りをするオールドレンズです。

 

表現するならば、「美しく、どこか切ない」ような写真が撮影可能。

 

そして、50mmの画角は汎用性の高く、様々な場面で使用することができます。

 

スナップ、風景、ポートレートなんでも撮影できるところから

初心者にもおすすめできるレンズと言えますね!

 

コンタックス ディスタゴン 35mm/f2.8

 

 

 

こちらは35mmのレンズで明るさはf2.8です。画角の広さが、スナップにちょうど良いレンズといえますね。

 

そして、最短撮影距離が24cmとかなり短いです。

 

なので、疑似マクロ撮影も可能になります!特におすすめしたいのは、花などの撮影

 

花についた水滴など、マクロ撮影ならではの撮影が楽しめます。

 

このレンズの他に、ディスタゴン 35mm/f1.4もありますが、

35mm/f2.8のレンズはf1.4と比べてかなり素直な写りをするので、

被写体の質感がキレイに伝わって、使っていて非常に気持ち良いです!

 

コンタックス プラナー 85mm/f1.4

 

 

コンタックスのプラナーシリーズでもとても有名な中望遠レンズです。

 

特徴的なのは、望遠と明るさf1.4から生み出される圧倒的なボケ。これにつきます。

 

コンタックスの圧倒的な描写力を損なうことなく、滲むような美しいボケを生み出すことができるこのレンズは、まさにポートレートを撮るために生まれてきたものといっても過言ではないでしょう。

 

 

写りは文句なしの100点ですが、このレンズ自体に少しばかりネックがあります。

 

それは、このレンズは重さが595gと若干重たいこと。

 

オールドレンズの中でもかなり重たい方に分類されています。(レンズ自体が結構大きいです)

 

なので、軽いミラーレス一眼につけると、本体とバランスが悪くなって

レンズが前にぶらーんと倒れる形に。。

 

このレンズをつけてバランスが良いのは一眼レフですね!

 

ちなみに85mmのレンズは私としてもかなりおすすめしているレンズです。ランキング形式でまとめてご紹介していますのでよろしければこちらもご覧になってください!

85mmオールドレンズおすすめランキング!プロ厳選の5本をご紹介! 

 

コンタックス マクロプラナー 60mm/f2.8

 

 

 

こちらはコンタックスのマクロレンズ。

 

マクロレンズというとタムキューなど、90mmを超えるマクロレンズが有名ですがこのレンズは60mmと少し広角側によっているので、取り扱いやすさが抜群です!

 

特徴的なのは、やはり描写性能。

 

マクロレンズなので、結像面の写りが美しいです。

 

さらに、カリッカリのキレのある写真ではなく、どこか温かみのあるような写真が撮れます

 

そして、このレンズは軽量のマクロレンズで、単純な使いやすさという点でも優れています

 

軽くなった代わりに、撮影倍率は等倍ではなく、1/2倍のハーフマクロ。

 

しかし、そんなハーフマクロでも、その性能は十分に発揮されているといえます。

 

コンタックス ソナー 135mm/f2.8

 

 

135mmの単焦点レンズは万人に受け入れらるようなレンズではないですが、

使い方次第では、このレンズでしか撮れないような最高に美しい写真が撮れます

 

特徴的なのは、やはり望遠を活かしたボケ味。

 

その明るさはf2.8と抑えられているので、結像面がすっきりとキレイな上に背景が非常にぼけるので、まるで被写体がキャンパスの上に浮かび上がっているような写真になります。

 

こちらのレンズで取扱に気をつけたいのは、ピントリングの幅が大きいので、ピントが少し合わせづらいと感じることもあるかもしれません

 

なので、目測である程度ピントの山は絞っておいて、撮影のときには少しの動作で撮影ができるようしておくのがベストですね!

 

バッチリピントが合った写真は何にも買えられぬ美しさですよ。

 

まとめ

 

コンタックスのレンズは、その優れた描写性を様々な場面で活かせるようなすばらしいレンズが勢揃いです。

 

オールドレンズは、雰囲気がでるものの、描写性能に欠けているものもたしかにあります。

 

しかし、コンタックスはその描写性能も、現代のデジタルレンズに引きをとりません。

 

コンタックス、並びにカールツアイスに興味がある方はぜひ以上のレンズを試してみてほしいところ。

 

簡単にネットで購入する方法も記事にしているのでもしよかったら参考にしてみてくださいね!

オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

オールドレンズをネットで簡単30秒で購入する方法と良いレンズ選別法

 

ではでは!

 

おすすめの記事はこちら

 

【保存版】オールドレンズをネットで購入する方法と良いレンズの見分け方

初心者こそフルサイズをすすめる理由とは。おすすめのカメラも紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です