【悲報】漫談家・ひびきわたるさんが死去。原因は?どんな病気?




 

どうも、筆者です。

 

悲しいお知らせが飛び込んできました。

 

落語業界だけでなでなく、TV番組「笑点」などでも有名なひびきわたるさんが死去したと、落語協会が発表しました。

 

 ひびきさんは、1968年に漫談でデビュー。喫煙道具の「キセル」を使った、人間や動物のものまねで知られる。84年にはお笑いのオーディション番組「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ系)で最優秀個人賞と最優秀歌唱賞を受賞した。 スポニチ
果たして死去した原因はなんなのでしょうか。
そしていつ頃から入院していたのか気になります。
今回は、ひびきわたるさんの闘病生活について調べてみました。

 




どんな病気?

 

亡くなった際の病名は「腹水炎」

 

腹水炎とは、腹膜に炎症が起きたい際に生じる病気です。詳しくはこちら。

 

原因はさまざまですが、胃潰瘍やがんなどによる胃穿孔、十二指腸潰瘍穿孔、虫垂炎穿孔、憩室炎や便秘、がんなどによる大腸穿孔といった消化管穿孔によるものが最も多く、急性胆嚢炎穿孔や急性膵炎といった肝臓・胆嚢・膵臓の疾患、卵巣嚢腫穿孔や異所性妊娠破裂などの婦人科疾患、外傷、腹腔内膿瘍なども原因となります。またがんが腹膜に広がることによるがん性腹膜炎、肝硬変やネフローゼ症候群に患者さんに多い特発性細菌性腹膜炎などもあります。                            参考
限局性腹膜炎の場合は局所に、また汎用性腹膜炎の場合は腹部全体に激しい腹痛が生じ、場合によっては七転八倒するほどです。痛みは基本的には持続的で、痛みが完全に消えることはありません。それに吐き気、嘔吐、腹部膨満感などを伴う場合があります。 参考

 

原因は様々ですが、がんのなどから派生する病気の可能性が高いとのことで、

入院理由はわかりませんが、がんで入院ていた際に発症した可能性が高いです。

 

入院はいつから

 

ひびきわたるさんが入院したという情報はまだでていませんでした。

 

なので、詳しい病名なども公表されないままでした。

 

葬式も親族だけで行われるということで、情報はおそらく身内や親睦の深い人にしか渡らなかったのです。

 

これから情報が出てき次第、再度更新します。

 




 

 

 

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です