東仙台交番襲撃事件、犯人は21歳大学生。どこの大学か発覚。




 

どうも、筆者です。

 

今朝のニュースで東仙台の交番警官が刺された事件に新たな速報が入ってきました。

 

 




 

事件概要とその後

 

19日朝早く、仙台市の交番で警察官が男に刃物で刺されて殺害され、
男も別の警察官に撃たれて死亡した事件で、警察の調べで、死亡した男は
交番の近くに住む21歳の大学生とわかりました。

19日午前4時ごろ、仙台市宮城野区の東仙台交番で、この交番に勤務する
清野裕彰巡査長(33)が交番を訪ねてきた男に刃物で刺されて死亡しました。

男は刃物を持って別の警察官に向かったところを拳銃で撃たれて死亡しました。

警察は男の身元の確認を進めていましたが、交番から数百メートルほどの所に住む
仙台市宮城野区新田の大学生、相澤悠太容疑者(21)と発表しました。

警察は殺人の疑いで調べを進めています。

http://jump.5ch.net/?https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180919/k10011635941000.html

事件の調査が進んで、犯人の名前が浮き彫りになりました。

 

動機は謎のままですが、どうやら大学生ということだけわかりましたね。

 

相澤容疑者の大学は?

 

相澤容疑者の通っていた大学は東北学院大学。

 

学部は文学部と報道されています。

 

かなり現場と近いとのこともあって、同じ大学生の間で話題になっているとのこと。

 

 

相澤容疑者の動機

 

相澤容疑者の動機は、残念ながら明らかになっていません。

 

相澤容疑者を知る、同じ大学に通う女子大学生へのインタビューでは、

 

相澤容疑者はとても穏やかな性格で

なおかつ1人で行動することが多かったそう。

 

なにかしらの思いがあっての犯行ですが、

犯行の動機がわからないことには

地元の方のの恐怖はなくなりません

 

一刻も早く事件の真相が解明されることを祈っています。

 

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です