イッテQが番組休止の危機。宮川・内村が番組を降板か。




 

ここ最近でイッテQの【お祭り企画のヤラセ】でしたが、炎上して企画が終了するだけで済むかと思いきや、どうやらそれだけではなく、イッテQの番組自体終了する危機にあるみたい。

 

その原因はお祭り男・宮川大輔。彼がイッテQの番組経営陣に直訴するそう。実際に直訴して、それが拒否された場合、本当にイッテQは終了になってしまうかもしれません。。。

 




宮川大輔がイッテQ側を直訴

 

宮川が直訴した内容というのは

 

「もし、お祭り企画を終わらせるならば、イッテQの番組自体を降板する。」

 

というもの。これには番組側もまさかまさかで大慌てです。

 

その理由というのが、番組の司会を務める内村に迷惑をかけてしまったからというもの。宮川はイッテQに出演してからその人気に火がつきました。そして、大先輩である内村からも暑いフォローを受けて、テレビに多く出演する売れっ子芸人へと成長したそうです。

 

お祭り企画事件で内村を始め、番組自体にも迷惑をかけたので、お祭り企画とともに番組からもおさらばするという考え。おそらく、ここまで炎上したということは、「お祭り企画」が復活することはほぼほぼなさそう。

 

そうなると、宮川大輔の番組降板はまず確定事項になってしまいますよね。

 

そして、先輩として責任感が人一倍強く、優しさをもっている内村は、宮川が番組を降板するとなれば、自分も降板するといいかねません。

 

宮川・内村といなくなったイッテQが向かう先、それはすなわち番組自体の休止です。

 




イッテQ番組休止はありえるのか

 

イッテQはテレビ番組内でもかなりの人気を誇る番組で、日曜日の主役級のテレビです。現に、11月18日の番組視聴率は16.5%。かなり良い数字です。

 

そんな番組を潰すことをテレビ局が考えるでしょうか。いいえ、その可能性は限りなく少ないと思われます。

 

考えられる路線としては、宮川をなんとかして説得する他にありません。

 

何かしらの別の企画の主役に抜擢することは間違いありませんが、それだけでは宮川が納得するわけもありませんよね。

 

何かしら策があるのだと思いますが、イッテQメンバー全員、そして視聴者も納得する形で卒業してほしいなと思います。

 

イッテQのメンバーとして大活躍だった宮川さんがいなくなることが悲しいことはもちろん、イッテQがなくなってしまうのも本当に悲しいです。

 

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です