感動したマンガランキング!第二位は「スラムダンク」第一位は?




 

どうも、筆者です!

 

本日は、今話題の「感動したマンガランキング」をご紹介します!

 

日本の文化とも言えるマンガ。

 

数あるマンガの歴史の中でアンケートをとってみたところ、第二位は大人気マンガ「スラムダンク」

 

果たして、栄えある第一位を獲得したのは・・・?

 




 

感動したマンガランキングのアンケート

 

今や漫画は、日本が世界に誇るカルチャーの一つ。少年少女から大人向けの漫画誌まで発売され、内容も学園ものからスポーツ、バトル、ギャグ、社会派など、ありとあらゆるジャンルがあり、
これだけクオリティが高いのは、世界でも日本ぐらいといわれている。

つまり日本人なら、多くの人は子どもの頃から漫画に親しんでいるわけだ。ということで「一番感動したマンガ」について、20~50代の男女200人に聞いてみた。読者はどんな漫画の、どんなシーンに感動しているのだろうか。

第8位(2.5%)は『北斗の拳』(集英社)。武論尊が原作、原哲夫が作画の世紀末バイオレンス作品で、1983~88年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載、テレビアニメや映画も好評だった。
伝説の暗殺拳“北斗神拳”の伝承者、ケンシロウと彼を取りまく魅力的なキャラがたくさん登場し、敵役のラオウに至っては、ケンシロウと同じぐらいの人気があった。
そんなラオウが残した「我が生涯に一片の悔いなし」や、ケンシロウの「お前はもう死んでいる」といった数々の名セリフを記憶している人も多いだろう。

『北斗の拳』を選んだ人からは、「ラオウが死ぬところ」(46歳/男性)、「ラオウとの対戦」(44歳/男性)というように、
ケンシロウとラオウの戦いは最高の見どころで、「過酷な時代を生き抜いていく人間模様」(45歳/男性)など、群像劇としての評価も高かった。

続いて第3位(3%)には『あしたのジョー』『巨人の星』『キャンディ・キャンディ』『ドラえもん』『タッチ』の5作品が選ばれた。

まずは、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による、『あしたのジョー』(講談社)。68~73年にかけて『週刊少年マガジン』で連載されたボクシングがテーマの漫画だ。
主人公の矢吹丈(ジョー)の他、丹下段平、宿敵の力石徹など、エッジの立ったキャラが多数登場した

『あしたのジョー』を選んだ人からは「最後に真っ白になるところ」(59歳/男性)、「すべてやり切った後のラストシーン」(51歳/男性)と、最終回で真っ白に燃え尽きたジョーの姿に感動した人が多かった。
「単なるサクセスストーリーでなく最後にチャンピオンに負けてしまうところ」(56歳/男性)といった、ほろ苦いエンディングも印象的だったようだ。連載開始が50年前ということで、50代男性からの支持が際立っていた。

『巨人の星』(講談社)も梶原一騎が原作で、作画は川崎のぼるという作品だ。
66~71年にかけて『週刊少年マガジン』で連載されていた。野球がテーマの元祖“スポコン”作品で、主人公の星飛雄馬に対する、父、星一徹の英才教育も圧巻だった。
“大リーグ養成ギプス”などの秘密兵器も読者を魅了した。ライバルの花形満、佐門豊作らを相手に、大リーグボールを武器にして戦う姿は、いまだ記憶に新しい。

「星飛雄馬が苦難に耐えて頑張っている姿」(49歳/男性)、「成長過程」(55歳/男性)など、飛雄馬のひたむきな姿が印象的で、「弟を支える姉の姿」(58歳/男性)と、明子姉ちゃんのファンも多かったようだ。

『キャンディ・キャンディ』(講談社)は、75年~79年にかけて『なかよし』に連載された、水木杏子が原作、いがらしゆみこ作画の作品だ。
40~50代の女性からの支持が圧倒的で、「初めて夢中になって読んだ漫画、いろんなことがふりかかるけど、けなげに生きていくところ」(55歳/女性)、
「恵まれない環境の中、主人公が一生懸命に頑張る姿がよかった」(44歳/女性)という声が見られた。
孤児という出自への偏見に負けず、キャンディが成長する生き様は感動的で、少女漫画の王道ともいえる作品だ。

国民的マンガの一つ『ドラえもん』(小学館)は、藤子・F・不二雄(当時は藤子不二雄名義)による作品で、69年~96年にかけて、『コロコロコミック』『てれびくん』など、
小学館の学習雑誌など、複数の雑誌で連載されていた。
現在もテレビアニメや映画で続いており、日本におけるメディアミックスの成功例としても知られている。

DAILY NEWS ONLINE 

 

20代~50代でのアンケートで多かったのは、やはり懐かしの青春マンガ

 

何より特徴的なのは、マンガよりもキャラクターの名前が出てきたことですね。

 

例えば、北斗の拳で言うと「ラオウが死んだところ。

居時の星で言えば「ライバルの花形満」などと、敵キャラクターにも強烈な個性が出ていることがわかります。

 

このような個性豊かなキャラとの壮絶なバトル。

 

そして、その後に迎える感動のシーン。

 

 

その全てが合わさって、「心に残る名シーン」となっているのだろう。

 

 

感動した漫画ランキング第一位は?

 

感動した漫画ランキング第一は、少年ジャンプで連載中の「ワンピース」

 

 第1位(9%)には、97年から始まり現在も『週刊少年ジャンプ』で連載中の『ワンピース』(集英社)が輝いた。尾田栄一郎による作品で、海賊王を夢見る少年、モンキー・D・ルフィを主人公に、その仲間が“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を目指す海洋冒険漫画だ。単行本は、日本の漫画では最高の3億6000万部以上も売り上げた。

「出会いと別れ」(47歳/男性)、「仲間を思うところ」(42歳/女性)、「困難を乗り越えながら絆が深くなるところ」(29歳/男性)といった少年マンガの王道的ストーリーを評価する声や、「長旅をともに過ごした船(ゴーイングメリー号)が最後の力を振り絞って仲間を助けに行き、力尽きてお別れするシーン」(37歳/女性)、「サンジが今までお世話になったレストランを離れて、ルフィの仲間になるところ」(33歳/男性)と、ピンポイントでそれぞれが感動したストーリーを挙げる人も多かった。

http://dailynewsonline.jp/article/1522412/?page=4

 

やはり泣ける(感動する)マンガとしては、ワンピースですよね!

 

数ある懐かしの漫画の中でも、現在連載中のマンガが選ばれるというのはかなり珍しい。

 

不動の人気を誇るワンピース。

 

現在も連載中だが、感動する物語の終末はまだ見えないようだ。

 

やはり、特徴的なのは、キャラクターがとても立っているというところ

 

最近でいうと、「カタクリ」などはその典型的な例でしょう。

 

本当はつらい過去があり、仲間思いの一面があり、そしてあの強さ。

 

感動するマンガには、こういったどこか憎めないような最強キャラが必要なのかもしれませんね。

 

感動するマンガをもう一度読み直したい

 

日本には感動するマンガが沢山あるというのは周知の事実ですよね。

 

しかし、なかなか読むまで至らないのが現実です。

 

中古本屋さんで立ち読みするのも疲れますしね。

 

「それでも懐かしのあの作品を読みたい!」

 

と思って調べたところ、なんだか無料でマンガが読めるアプリがあるとのことで使用してみたら、本当に読めるんですね。

関連記事 >>> 無料でマンガ読み放題のアプリがすごすぎる件

 

時代は進化したものです。

 

スマホ1つで懐かしの名作が読めちゃうんですから。

 

気になるマンガは、スマホでチェックする時代が到来するんでしょうかね。

 

しかし、どの媒体でも漫画の人気は衰えないところを見ると、日本の文化として根付いてるのだなあと感心します。

 

この機会に、懐かしのあの作品を読み直していようかな。

 

ではでは!

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です