加藤茶が緊急入院!グノシーや週刊誌の悪意ある書き方が話題に!




 

どうも、筆者です!

 

あの、ドリフで有名な加藤茶さんが都内の病院に緊急入院していたことが明らかになりました!

 

加藤茶さんを心配する記事が出てくると思ったら、グノシー、週刊誌を始め、嫁の加藤綾菜さんあを明らかに卑下するような書き方をしているとして話題になっています。

 




 

加藤茶さんが緊急入院したことについての記事

 

週刊女性PRIMEで掲載されていた本文は以下のとおりです。(グノシーも同様)

 

タイトル:「加藤茶が緊急入院していた!翌日、妻はドラマ打ち上げで大ハシャギ

 

「肉、大好きなんだヨ~」

9月13日、『よじごじDays』(テレビ東京系)の生放送に出演した加藤茶は、番組内で出されたステーキをおいしそうに食べながら笑顔を見せた。その食欲は、年齢を感じさせない。

しかし、実はこの生放送前日まで、都内の救急病院に入院していたという。

病院に来たのは9月6日のことでした。高熱を出して息も絶え絶えで、一緒にいた奥さんも心配そうに寄り添っていました。意識は朦朧としていましたが、手術はせずに酸素吸入などの措置がとられたようです。その後は最上階フロアの個室に入院することになったんです」(病院関係者)

今年3月に75歳になったカトちゃん。’05年に狭心症と診断されて以来、その体調が何度も心配されてきた。

 

 

 容体が心配されるが、夫が入院中でも妻の綾菜さんはそんな素振りを見せない。

9月7日の夜に、加藤さんと綾菜さんが出演していたドラマ『警視庁ゼロ係』(テレビ東京系)の打ち上げがありました。加藤さんは欠席でしたが、ひとりで参加していた綾菜さんは景品で高級焼き肉店『叙々苑』のお食事券が当たって大ハシャギしていましたよ」(テレビ局関係者)

ゲットした食事券の写真を自身のインスタグラムに投稿するなど、普段と変わらない様子の綾菜夫人。週刊女性は真相を確かめるべく、カトちゃんが入院している都内の病院へ向かった。

http://www.jprime.jp/articles/-/13306?page=2

 

うーん、まずこのタイトルの「翌日ドラマ打ち上げで大ハシャギ」という言葉から読み取れるのは、どうみても加藤茶さんが緊急入院していたことを喜んでいるような書き方なのだが大丈夫か?

 

また、「打ち上げでは、叙々苑の商品券があたって大ハシャギしていた」などという悪意ある文。

 

いささか誇張表現があるのではないだろうか。

 

加藤茶さんが欠席していたからこそ、妻の加藤綾菜さんが出席するのは当たり前のことではあるし、あえて加藤茶さんが入院していても変わらず元気な姿をしていることで、周りに心配をかけないようにした、と考えられるでしょう。

 

この裏側には、加藤茶さんの言葉もあったに違いない。

 

湖面ディアンで人気者、なおかつ周りに心配をかけたがらない加藤茶さんは、妻の加藤綾菜さんに「大したことないから打ち上げ入ってきてくれ。みんなに心配をかけないようにしてくれよ。」などと声をかけたのではなかろうか。ほとんど間違いないだろう。

 

この妻の献身的な態度に対して、「この記事の書き方はいささか悪意のあるものだと考えられる。

 

ゴシップで稼ぐ気持ちはわかるが、これではあんまりにも可愛そうだ。

 

加藤綾菜さんの悪い噂・・・

 

とはいえ、加藤綾菜さんの行動には悪い噂がいくつも出ているのは事実だ。

 

加藤茶さんが以前大動脈解離で入院していたのだが、退院後に加藤綾菜さんが作っていた食事がいささか身体に良くないものばかりだしているとのこと。

 

加藤は06年に「Stanford A型大動脈解離」という心疾患をわずらい大手術の末に生還したが、加藤がブログで公開する愛妻料理は脂っこく、とても大病を患った老人の食事ではないとかねてよりネット上で不安視されていた。その食卓はたとえばカレーやシチュー、ステーキ、ハンバーグなどの脂っこい料理にコーヒーフレッシュをかけたり、夕食の主菜としてチキン南蛮とプルコギを同時に出す超ボリューミィな献立だったり、風邪で喉をやられているにもかかわらず唐辛子たっぷりのモツ鍋を出したり・・・といった具合だ。

 

加藤がブログに掲載する数々のメニューを見て「脂分とりすぎ」と指摘。この記事(※加藤茶「体調不良なのにモツ鍋」新妻の食生活に心配の声)で言及しているように、通常は健康食と言われる「納豆」「青汁」についても、森田医師は「大動脈解離の手術を受けた加藤茶さんは、抗凝固剤を飲んでいる可能性がある」「ビタミンKを多く含む食品(納豆やクロレラなど)は薬の働きを阻害してしまう」と明かし「加藤茶さんは一度食生活を受診し見直したほうがいい」と警告した。
実際、大病を経験した70歳の加藤には、夕食の内容だけでなく「量」も多すぎるようだ。

 

http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54426058.html

 

などなど、まるで殺しにかかっているかのようなメニューを作り出しており、

 

今回の記事の取材でも「ステーキ」「カツ丼」という言葉が出てくるように、まるで食生活は改善されていないようだ。

 

これではまるで、加藤綾菜さんが意図的に体に悪い食事を出しているなんて考えられても当然である。

 

このことと、今回の入院はなにか関係があるのだろうか。

 

できればこれは悪い噂だけであってほしいが・・・。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です