黒猫を捨てる人が急増している理由が最悪!怒りの叫び

アイキャッチ画像

 

 



 

どうも筆者です。

 

この度「黒猫を捨てる人が世界中で急増している」というニュースを見て、その理由を探してみると、なんともクソすぎる。

 




黒猫を捨てる人が急増中

 

10月7日の林修の初耳学で、イギリスでは黒猫が大量に捨てられているという放送がありました。

 

現に、イギリス動物虐待防止協会の施設では保護している猫の内約7割が黒猫だそうです。

 

イギリスでは黒猫は縁起の良い猫と称されているのに、ここまで黒猫が捨てられる理由は何なのでしょうか?

 

というか、一度飼ったならそもそも捨てるなよ、という話ではあるのだが・・・。

 



黒猫を捨てる理由

 

放送の中で発表された黒猫を捨てる理由、それは

 

黒猫はインスタ映えしないから

 

ふっざけんな!!!!!!!!!!

 

SNS映えしないから捨てるとか、命を何だと思っているんだ?というか、猫は写真を撮るための小道具でもないし、インスタに上げるために飼っているというのは倫理的におかしいことがわからないのでしょうか。

 

インスタに上げる前に、よくその子のことを見てみなよ・・・めちゃくちゃかわいいじゃんかよ・・・。なぜ捨てちゃうんだよ・・・・。

 

世の中このような人がいることに驚きなのですが、それが少数でなく過半数であることに虚しさしか感じません。。。

 

日本でも黒猫を捨てる人が多いの?

 

日本でも「インスタ映え」という言葉が若者に大流行中なのだが、黒猫を捨てるのも流行っているのか?

 

と思って調べてみると、どうやらそうでもないらしい

 

 福岡市では昨年度、動物愛護管理センターに収容した猫のうち、黒猫は15%だったという。神奈川県では、今年4月から10月中旬までに収容した猫のうち、黒猫は1割弱。担当者は「黒猫だから捨てるという話は聞いたことがない」と話す。大阪市は、毛色ごとの数は調べていないというが、担当者は「特に黒猫の引き取りが多いとは感じない。譲渡会では、黒猫がほしいという人もいる」と話した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00010000-sippo-life&p=2

 

日本だと「黒猫が横切ると嫌なことがおきる」「不幸の前兆」などと言われているので、正直不安に思っていたのですが、捨てられる数が少ないことには少し安心した。

 

現在のところ黒猫を大量に捨てていると報告があるのはイギリスだけのようだが、実に可愛そうな話である・・・。

 

猫を捨てる人にペットを飼う資格なし

 

黒猫に限らず、一度飼った猫を簡単に捨ててしまう人には怒りが抑えられない。

 

眼の前にある大切な命、しかも一度助けの手助けをして、野生の世界から救ったにも関わらず再び突き放してしまうなんて言語道断。

 

どうか目の前のその子を大切にしてほしい。どうしても手放す理由ができてしまったのなら、第三者に手放す最後まで面倒をみてほしい。

 

同じように猫を飼っている身からすると、今回のニュースは悲しくて仕方ない。

 

どうか、一人でもくだらない理由で猫ちゃんを捨てる人が減ってくれることを祈っているよ。

 







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です