埼玉の赤ちゃん白骨遺体の場所詳細はどこ?なぜ犯人が長女なのか

 

 



 

どうも筆者です。

 

この度、いたたまれないニュースが入ってきたのでお伝えします。

 




民家から赤ちゃんの白骨遺体が発見

 

埼玉県滑川町の民家の押し入れから白骨化した赤ちゃん2人の遺体が見つかった。

警察によると19日、埼玉県滑川町の民家に住む女性から「引っ越しをしようと片付けをしていたら赤ん坊の遺体が出てきた」と通報があった。

警察官が駆けつけたところ、2階の押し入れから、タオルにくるまれ白骨化した赤ちゃん1人の遺体が見つかり、その後、もう1人、白骨化した赤ちゃんの遺体が見つかったという。赤ちゃんはいずれも生後数か月ほどとみられている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181021-00000001-nnn-soci

 

発見した時のことを考えるとまさにホラーそのものですよね。

 

衝撃的すぎますし、色々と考えさせられます。

 

赤ちゃんは生後数ヶ月ということですので、おそらく育てることができずに仕方なく放置した・・・ということになりますよね。事情は何にしろ、育児放棄をこんな形でしてしまうことは許せません。

 

というか、自分の赤ちゃんの遺体と何年も一緒にいるというのは、一体どういった考えからなのでしょう??

 

渋々死体を遺棄してしまったから、赤ちゃんと離れたくないという思いがあったのでしょうか・・・。

 

本当に墓場まで持っていく秘密だったのですね。

 



白骨化の赤ちゃんが見つかった民家の場所はどこ?

 

白骨化した民家の見つかった場所は、埼玉県の滑川町です。

 

https://goo.gl/maps/xkpxrTPtMnT2

 

詳細な場所までは現在発表されていませんが、おそらく街の規模から考えると、近隣住民の方はすでに場所がどこであるかというのは把握していらっしゃるでしょう。

 

同じように近くの町でこのようなことが起きてしまうと非常に物騒だな、とも思いますし、単純に不気味で近づきたくないですよね。

 

なぜ犯人が長女?

 

実は、この白骨化した民家に15年から住んでいたのは長女の女性だったというのだ。

 

警察は、この女性が今回の死体遺棄に関与しているのではないかと調べている最中だそう。

 

しかしながら、よく15年間赤ちゃんの遺体を押入れに放置することができたのかと甚だ疑問であるし、なぜずっと捨てること無く押入れに入れることができたのか、第三者があけることはなかったのか?といくつか疑問が残っています。

 

しかしながら、この長女である女性は今年の6月に亡くなっているため、この事件が仮に刑事事件だとしても被疑者死亡として不起訴扱いになります。

 

ですので、明確に犯人と位置づけるところで何も変わらないのですが、警察側はこれを調べないと届けを出すことができないので、今後の捜査のためにもこのように詳細な調査を進めるのですね。

 

単純に1人間として、誰がやったのか、というところが気になります。

 

果たして、本当に犯人は長女だったのでしょうか? 

 

謎が深まるばかりですが、今後の調査の動向を待つばかりです。

 







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です