ソユーズ過去の打ち上げ失敗は何年前?安全性・信頼性の高さが好評

災害

 

 



 

どうも、筆者です。

 

10月11日に打ち上げ予定だったソユーズが今回打ち上げに失敗したという速報が入ってきました。

 

ソユーズの乗組員は二人共無事であったのだが、今回は珍しい失敗となった。

 

ロシア製のロケット「ソユーズ」は以前の打ち上げ失敗が忘れ去られるほど昔のことで、安全性・信頼性の評価は非常に高いものでした。

 

今回は過去のソユーズの打ち上げ失敗の歴史と、その原因を探っていこうと思います!

 




ソユーズ打ち上げ失敗

 

日本時間の11日に打ち上げられた宇宙船「ソユーズ」が、打ち上げに失敗したというニュースが速報で入ってきました。

 

ロシア人とアメリカ人の2人が登場していたのですが、寸前のところで緊急脱出を試み、無事に生還したとのことです。ソユーズの搭乗員は二人共生命に別状はないとのことでひとまずは安心しました。

 

ソユーズは日本人の搭乗員も過去に登場しています。

 

  • 古川聡
  • 星出彰彦
  • 若田光一
  • 油井亀美也
  • 大西卓哉
  • 金井宣茂

 

彼らは宇宙と地球の往復を全てソユーズを利用しており、その信頼性の高さはかなりのものでした。

 

実は日本人がこんなにロシアのロケットを利用しているなんてあまり考えられませんよね。宇宙と言うとアメリカのイメージが強いですから。

 



ソユーズ打ち上げ失敗の原因

 

今回の10月11日のソユーズ打ち上げ失敗の原因は、運搬ロケットの切り離しの際に何かしらのトラブルがあったとの報道が有りました。

 

ソユーズ打ち上げ失敗の詳しい理由・原因についてはこれから調査し公表されるとのことですが、切り離しでの失敗は珍しいものなのでしょうか。

 

ちなみに、過去のソユーズ打ち上げ失敗では、打ち上げ29秒後にそのままロケットが落ちてきたり、打ち上げ前に燃料が爆発するなどの事故がありました。

 

過去のソユーズ打ち上げ失敗は何年前?

 

過去のソユーズ打ち上げ失敗は、なんと43年前。1975年の出来事です。

参考:wikipedia

 

打ち上げ後にロケットが異常を起こし,

高度145kmでカプセルが緊急分離されてしまいましたが、宇宙飛行士2人は無事に生還しました。

 

43年前、というのはかなり前のことでしたので、記憶にない方も多いのではないでしょうか。

 

実際、ソユーズはかなり安全性や、信頼と行った部分で高い評価を得ています。ですので、ネットの声をみると、ソユーズの打ち上げ失敗には驚く声が多く見受けられます。

 

今回の事件はかなり珍しい事件でしたので、今後この失敗がどのように響いていくるのかが問題視されています。

 

現在はこのソユーズに頼りっぱなしな現状がありますので、一刻も早く原因を把握して、また最高のロケットを使用できることを祈っています。

 

 







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です