良い夫・妻になる必要なんかない!中田敦彦と福田萌と私の意見。賛成?反対?




 

どうも筆者です!

 

この度面白い記事を発見しましたので、こちらについてご紹介したいと思います。

中田敦彦 方針変更!「良い夫」やめました

引用:ヤフーニュース

 

さらっと内容をお伝えすると、「良い夫になることは悪いことだった」というものでした。

 

本来ならば、夫も、奥さんも、それぞれパートナーが求める理想の姿になることを望みますよね?そうやって「あなたってなんて良い夫(妻)なのかしら」と好評を得ることが一般的です。

 

しかしながら、実はそうやって上り詰めていくと、今度は悪い影響がでてくるそうなんです。

 

驚きですが実はこれ、私も一度体験しております(笑)

 

なので、実体験も含めながら2人のお話をご紹介していきたいと思います。

 




中田敦彦と福田萌の家庭

 

中田敦彦と福田萌は2012年に結婚。現在は5歳と1歳の子供の子育て中でもある。

 

中田敦彦といえば、一度芸能界の重鎮・松本に対する反対ツイートをして、ツイッターで大炎上し、一度は干されたとまでも言われた存在でした。

オリエンタルラジオの中田が干された理由・原因は妻だった!炎上の真実とは

 

しかし、実際はこの「干された」と言われたメディアの露出減少の原因は、自身の働き方改革の賜物だったのです。

 

中田敦彦はオリエンタルラジオのボケ役として大人気だったことに加え、数々のバラエティ番組に出演、タレント業も大成功を収めてます。

 

そんな繁忙な毎日を過ごしていると、どうしても家庭のことがおろそかになりがち。そんなときに、妻の福田萌から「家庭をもっと大事にしてほしい」と願いを受け、テレビやバラエティなどの出演を控え、自宅にいる時間を増やしたのだそうです。

 

つまり、ワークライフバランスを上手く整えてきたんですね。

 

結果として、この自己働き方改革は成功し、在宅にいる時間が増えたことに加えて、実業家としての成績が増えたことによって収入までも増えたそうです。

 

大成功じゃないかと思われましたが、残念ながら夫婦仲は働き方改革前より悪化したのです。。。

 



中田敦彦と福田萌の夫婦仲悪化の原因

 

夫婦仲悪化、といっても主に福田萌に理由があったそうです。

 

中田敦彦がいくら働き方改革を決行し家庭のことをして、子供の面倒をみても「あなたは何も変わってくれない」「もう耐えられない」などと言われる始末。

 

次第に「カウンセラーを受けてください」とまで言われるようになり、中田は渋々カウンセラーを受けることを決意しました。

※夫婦間で気軽にカウンセリングを受けることはかなりポピュラーらしいです。

 

そして、受けてみてわかったことは、実は中田敦彦にも不満がとてもたまっていたとのこと。

 

中田敦彦は本当に良い人なんですよね。妻のために趣味の自転車を捨て、タバコをやめ、自動車の免許をとり、住む場所やインテリアまで全部福田萌の言うことどおり。

 

中田敦彦が当たり前のようにやってきたことでしたが、これはあくまで「相手のために中田敦彦が我慢してきた」ということになりますよね。おそらくそうだったんだと思います。

奥さんのことが好きでたまらないから、自分のことは二番目に考えていたのでしょうね。

 

このようなことをしていると、なんと双方にストレスがたまる原因になってきます

 

中田敦彦はわかるけど、福田萌はなぜ?と思われますよね。ご説明します。

 

中田敦彦が福田萌の言う通りに望みを常に叶えてきたことによって、福田萌の中では「中田敦彦は言うとおり、望みを叶えてくれる完ぺきな人」という像が出来上がってしまったのです。

 

こうなると大変です。中田敦彦は何でも完全にこなさないといけませんから、家事や育児を一つでも完全にこなすことに失敗すると、奥さんの福田萌から怒られます

 

福田萌からしてみれば、「なんでこの人は私のいうとおりにしてくれないの!」で、中田敦彦にとってみれば「なんでこんなに頑張っているのに、僕の悪い評価しかしてくれないんだ!」となるわけです。

 

このままでは、二人共なぜかストレスが増していってしまうんですね、おそろしい。

 

冒頭にも行っていたとおり、これは、以前私もやっていたことででした(笑)

 

現在結婚している妻と付き合っているときですね、私は「良い彼氏」になろうと、自分の予定は彼女のために空けておき、休日は必ず彼女とデート。そして、女付き合いを全くせず、連絡もすべて遮断。彼女が求めるならその場ですぐに会いに行きました。

 

これが良くなかったのは上述したとおり、段々と付き合いに慣れて、私が自由に行動していると、彼女はそれが面白くなくなります。

 

「なんで休日は私のためにあけてないの?」

「なんで女友達と遊んでいるの?」

「なんですぐに来てくれないの?」

 

というもの。結局は、私は自由を失い、一度彼女と別れることにしました。やはり、双方にストレスが貯まり、このような結果になってしまったのです。

※話し合いの末復縁して無事ゴールイン

 

同じようなことをしていたという中田敦彦さんにはすごく同感できる部分が多いです。

私のことはさておき、次は中田敦彦の「良い夫」を辞める決意について。

 

中田敦彦「良い夫」をやめる決意

 

中田敦彦はこのカウンセリングを受けた後すぐに福田萌と話し合い、「良い夫」をやめる決意を話したそうです。

 

  • こまめにしていた連絡をしない
  • 朝は起きない
  • 家事は手伝えるときだけしてそれ以外はしない

などなど、これまでやってきたことを総じてやらないようにしたそうです。

 

するとどうでしょう、中田敦彦自身のストレスも減ったばかりか、福田萌のストレスまで減少し、優しくなったような印象をもったそう。

 

わがままを言うと、相手が優しくなるなんて不思議な話ですね、ですがこれは本当の話。

 

私も一度別れて、復縁する時に彼女と「自分の一番したいようにやろう」と話し合いました。

結果、順風満帆、ストレス無くここまでやってきています。(むしろ私が相手に何かしようとすると不安がられるまでに笑)

 

自分を押し込めて、相手のことを思いやる。とても大切な精神だとは思いますが、それはあくまで「自分の我慢がない範囲」で良いのです。

 

これまで相手のことを優先してきて自分を抑えたことはないですか?最近パートナーが目に見えてわがままになってきたと思いませんか?

 

そうであれば、もしかしたら自分の行いが「やりすぎ」だったのかもしれませんね。これからの2人のことを考えるのであれば、自分をちょっと甘やかして見ても良いかもしれません。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何か賛成、もしくは反対されることがありましたら、ぜひぜひ下記コメント欄・またはSNSでその旨コメントしていただけると嬉しいです。

 

ではでは!

 







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です