吉澤ひとみ容疑者のひき逃げドラレコ車載動画。なぜ誰も助けないのか。理由を考察。




 

どうも、筆者です!

 

現在世間を騒がせている元・モーニング娘の吉澤ひとみ容疑者飲酒運転騒動。

 

フライデーに、吉澤ひとみ容疑者が車で人を引いている瞬間が発表され話題になりました。

 

単純に反抗がむごいことに加えて、気になるのは周囲の人々。

 

人が車に惹かれているの見向きもしない。

 

なぜ周りの人は、倒れている人を助けないの?その理由を考察。

 




 

吉澤ひとみ容疑者のひき逃げドラレコ映像が発表

写真週刊誌「フライデー」の公式サイトが2018年9月14日朝、吉澤ひとみ容疑者(33)のひき逃げの瞬間の動画を公開した。吉澤容疑者が運転する車が横断歩道上の自転車をはね、そのまま走り去る様子が収められている。

ネット上では吉澤容疑者に対する怒り声が殺到。しかし、その一方で動画には、事故現場周辺に居合わせた複数の歩行者が事故を目の当たりにしているにもかかわらず、被害者を助けに行かずにその場を立ち去っていく様子も収められている。
このため、「なぜ助けに行かなかったのか」との声も多い。

「自分には救助できない」というバイアス
公開された動画をみると、事故にあった自転車の女性と男性のほかに、女子高生とみられる学生など、数人が歩道を歩いていたり、横断歩道を渡ろうとしていた。

いずれも事故が起きた直後、被害者2人の様子を見ていたが、2人が相次いで立ちあがったのを見届けるかのように、そのまま横断歩道を渡ったり、通り過ぎる姿が映っている。
ネットでは、2人を救助しないことに批判の声も出ているが、事故を目の当たりにしているにもかかわらず立ち去ってしまった歩行者たちについて、心理学博士の鈴木丈織氏は以下のように指摘する。

「まず、『周りにいる誰かが助けるはずだ』という「責任の分散」(傍観者効果)が働くため、目の前の事態を認識しても駆け寄ったりなどの行動をしない人が多いです。
それから、救助といった普段は行わない行動については、『自分にはできないに決まっている』というバイアスが働くため、やはり救助に向かわない人が多いです。
ほかの人から見ると無責任な行動に見えますが、人間の心理からすると自然な行動です」
また、ほかに考えられることとして、

「事故という衝撃的な光景を目の当たりにしたため、倒れている負傷者を見て『自分も動けない』との錯覚に陥り、助けに行けなくなった可能性もあります。
また、事故という極限状態から『自分だけで良いから助かりたい』との思いで現場から離れてしまったり、『自分が関与したことで状況が悪化してしまうのではないか?』との思いで助けに行けなくなる人もいます」
「今回の事故では、はねられた2人が比較的すぐに起き上がっていることから、『軽傷に違いない』というバイアスもかかっていると思います。
事態を良い方向に考えるバイアスもまた、助けに行けなくなる理由の1つです。これらのさまざまなバイアスがかかってしまうため、日ごろの訓練がないと救助というものはなかなかできないものなのです」
とも説明する。

心理学的な観点からすると、救助せずに立ち去ってしまった歩行者たちの行動は、意外なまでに人間の心理に従った行動だったようだ。                            J-CASTニュース 

こちらが問題の映像。

 

見てもらってわかるように、露骨に人がはねられている。

 

しかし、はねられていた人に対して女子高生たちは少し確認して素通り。

 

ネット上では、なぜ女の子が倒れた人を素通りしたのかわからない、と批判の声が殺到しています。

 

「軽傷だし、助けなくてもいいんじゃない?」という心理の他にも色々理由があったのだと考察できそうだが。

 

素通りした女性たちの行動理由を考察、バイアスだけじゃなくない?

 

素通りした女性の行動の一つとして、「行動の心理学」が上がっている。

 

確かに、責任の分散が生まれているし、立ち上がっているから大丈夫でしょ?と考えてるのは人間として当たり前だとは思うが、単純にソレだけではないですよね

 

女子高生並びに、この時間帯に行動している人たちには、何かしらの「目的」があったはず。

 

例えば、女子高生たちが横断歩道をさっそうと渡っていったが、

彼女らは学校へと向かっていたことはほぼ間違いないだろう。

 

ならば、単純に責任分散をしたのではなく、「自分らの目的を達成する必要があって、なおかつ、他に優先すべきことのない人が助けてくれるでしょ。」という思考があったのではないでしょうか。

 

もし、彼女らが完全プライベート、特別急ぐような用事がなかった場合、彼女らは助けに入ったのではないか予想。

 

また、彼女らの思考の中に、「仮に、立っていたとしても、衝撃によって何かしら脳に影響が出る場合がある」という知識がなかったたとも予想される。加えて、ぶつかった瞬間をすべて見ているわけではないし、本当にぶつかったのかどうかもわからなかったはず。

 

そうであれば

「しっかりと立っている→特別助ける必要はない」

と考えるのも当然のような気がする。

 

だって彼女らは、「何かしら衝突したら脳に影響が出る場合がある。立っていても倒れる危険性がある。」と明確に認識していていないのだから。

 

もし、このことを正しく理解できているのならば、また行動は変わってきたんじゃないか?

 

そして、立っていても、そのうちに倒れる危険性があることを認識できている日本人は全体の何%なんだろうか。

 

 

まとめ

 

ネット上で素通りしていた人を批判するのはよしてほしい。

 

日本人の性質的にもそうだが、そんなにすぐ助けられる人が多いわけではない。

 

今回のように、状況がそれぞれ異なることもあるだろう。

 

単純に、助けていない→それはすなわち悪。と考えるのはいかがなものだろうか。

 

まあ、この映像で一番わかるのは、酒気帯び運転といえど、吉澤ひとみ容疑者は危うく人の命を奪っていたかもしれないということ。

 

彼女の過去に何があったのか、なぜこのような事件につながっていったのかはこれから明らかになっていくだろう。

 

この注目度が高い事件をきっかけに、酒気帯び運転、飲酒運転の規制をさらに強化してほしいとせつに願っている。

 

それと、今回のように、ドラレコの映像は大事な証拠になります。

 

安くても良いから、ドラレコをつけよう。

格安ドラレコなのに高性能、中華製品の「エイプマン」使ってみた感想

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です